The King's Museum

ソフトウェアエンジニアのブログ。

読書感想

『人生の短さについて』を読んで

『人生の短さについて』を読みました。五月の読書。 人生の短さについて 他2篇 (光文社古典新訳文庫)作者:セネカ光文社Amazon 最近、月日が経つのがとてもはやくて、あっという間に 60 歳とかになっちゃうんだろうなーってふと考える。 そんな時にこの本がテ…

『三体』を読んで

『三体』を読みました。四月の読書。 三体作者:劉 慈欣発売日: 2019/07/04メディア: Kindle版 『三体』は中国の SF 小説。数年前にずいぶんと話題になったみたいで、なんとなく名前だけ認識してた。 物理学の三体問題をテーマにしていて、そういう数学や物理…

『The DevOps 逆転だ!究極の継続的デリバリー』と『The DevOps 勝利をつかめ!技術的負債を一掃せよ』を読んで

『The DevOps 逆転だ!究極の継続的デリバリー』と『The DevOps 勝利をつかめ!技術的負債を一掃せよ』を読みました。3月の読書。 The DevOps 逆転だ!究極の継続的デリバリー作者:ジーン キム,ケビン ベア,ジョージ スパッフォード発売日: 2014/08/12メディ…

リファクタリング【第2版】- 第4章:テストの構築

第4章はテストの話。 リファクタリング 既存のコードを安全に改善する(第2版)作者:MartinFowler発売日: 2019/12/06メディア: Kindle版 リファクタリングにテストは必須。ここでいうテストとはいわゆる単体テスト。 リファクタリングは外部から…

リファクタリング【第2版】- 第3章:コードの不吉な臭い

リファクタリングの第3章。 リファクタリング 既存のコードを安全に改善する(第2版)作者:MartinFowler発売日: 2019/12/06メディア: Kindle版 リファクタリングをいつするべきか、そのタイミングを明確にすることは難しい。 でも、筆者は経験を…

リファクタリング【第2版】- 第2章:リファクタリングの原則

リファクタリングの第2章。リファクタリングのベースとなる考え方について書かれている。 リファクタリング 既存のコードを安全に改善する(第2版)作者:MartinFowler発売日: 2019/12/06メディア: Kindle版 リファクタリング、とは何か。 リファ…

『ウォール街のランダム・ウォーカー』を読んで

『ウォール街のランダム・ウォーカー』を読みました。二月の読書。 ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理 (日本経済新聞出版)作者:バートン・マルキール発売日: 2019/07/26メディア: Kindle版 ウォール街のランダム・ウォーカ…

リファクタリング【第2版】- 第1章:リファクタリング - 最初の例

マーティン・ファウラーの『リファクタリング』を読み始めました。 リファクタリング 既存のコードを安全に改善する(第2版)作者:MartinFowler発売日: 2019/12/06メディア: Kindle版 初版が出たのが 1999 年。いつか読みたいと思っていたけど、…

『スーパーエンジニアへの道 - 技術リーダーシップの人間学』を読んで

明けましておめでとうございます。 2021 年、一発目の読書は『スーパーエンジニアへの道』。 スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学作者:G.M. ワインバーグ発売日: 1991/10/01メディア: 単行本 『ライトついてますか?』や『コンサルタントの…

『デジタル・ミニマリスト』を読んで

『デジタル・ミニマリスト』を読みました。今年最後の読書。 デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する作者:カル ニューポート発売日: 2019/10/03メディア: Kindle版 『デジタル・ミニマリスト』は『DEEP WORK - 大事なことに集中する』などの著者…

『財務3表一体理解法』と『財務3表図解分析法』を読んで

『財務3表一体理解法』と『財務3表図解分析法』を読みました。11 月の読書。 増補版 財務3表一体理解法 (朝日新書)作者:國貞 克則発売日: 2016/10/13メディア: Kindle版 財務3表図解分析法 (朝日新書)作者:國貞 克則発売日: 2016/10/13メディア: Kindle版 友…

『More Effective Agile』を読んで

『More Effective Agile』を読みました。10 月の読書。 More Effective Agile “ソフトウェアリーダー”になるための28の道標作者:Steve McConnell発売日: 2020/06/11メディア: Kindle版 『More Effective Agile』 は『CODE COMPLETE』で有名なスティーブ・マ…

『超予測力』を読んで

『超予測力』を読みました。9 月の読書。 超予測力 不確実な時代の先を読む10カ条 (早川書房)作者:フィリップ E テトロック,ダン ガードナー発売日: 2016/10/31メディア: Kindle版 超予測者 『超予測力』は未来の予測についての本。 「ロシアは今後三ヶ月以…

『ワークシフト』を読んで

ワークシフトを読みました。8月の読書。 ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>作者:リンダ グラットン発売日: 2012/09/28メディア: Kindle版 ワークシフトは2011年に書かれた本。 未来の働き方、具体的には 2025 年の働き方につい…

『リーダブルコード』を読んで

『リーダブルコード』を読みました。7月の読書。 リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)作者:Dustin Boswell,Trevor Foucher発売日: 2012/06/23メディア: 単行本(ソフトカバー) 内容はかなり初…

『エンジニアのためのマネジメントキャリアパス』を読んで

『エンジニアのためのマネジメントキャリアパス』を読みました。 エンジニアのためのマネジメントキャリアパス ―テックリードからCTOまでマネジメントスキル向上ガイド作者:Camille Fournier発売日: 2018/09/26メディア: 単行本(ソフトカバー) 「今年は毎…

『カードミステリー』を読んで

4月の本は『カードミステリー』。珍しく小説を読んだ。 カードミステリー―失われた魔法の島作者:ヨースタイン ゴルデル,Jostein Gaarder発売日: 1996/03/01メディア: 単行本 この本は小学生の時に読んだことがある本。 いつかまた読み直したいと思っていたけ…

『イノベーション・オブ・ライフ』を読んで

今年は毎月一冊本を読もうと思い立って三ヶ月。 今月は『イノベーション・オブ・ライフ』を読んだ。 イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ作者:クレイトン・M・クリステンセン,ジェームズ・アルワース,カレン・ディロ…

『プロフェッショナルの条件』を読んで

今年二冊目の本。ドラッカーの『プロフェッショナルの条件』。 プロフェッショナルの条件 はじめて読むドラッカー (自己実現編)作者:P F ドラッカー発売日: 2012/09/14メディア: Kindle版 ドラッカーが組織や社会ではなく個人に焦点を置いて書いた本。 よ…

『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』を読んで

去年はあまり本を読めなかったので、今年はせめて毎月 1 冊は何かしらの本を読んでいこうと思う。 一冊目はインテル CEO だったアンドリュー・グローブの『HIGH OUTPUT MANEGEMENT』。過去に何度か読んだことがある本だけど、また読みたくなったので再読。 H…

『失敗の本質 - 日本軍の組織論的研究』を読んで

久しぶりの投稿。というか今年初投稿だ…。 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)作者: 戸部良一,寺本義也,鎌田伸一,杉之尾孝生,村井友秀,野中郁次郎出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1991/08/01メディア: 文庫購入: 55人 クリック: 1,360回この商…

『Androidを支える技術〈Ⅰ〉 ~ 60fps を達成するモダンな GUI システム』を読んで

『Androidを支える技術〈Ⅰ〉 ~ 60fps を達成するモダンな GUI システム』を読みました。 Androidを支える技術〈I〉──60fpsを達成するモダンなGUIシステム (WEB+DB PRESS plus)作者: 有野和真出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2017/02/22メディア: 単行本…

Chapter 8 Pragmatic Projects【The Pragmatic Programmer】

The Pragmatic Programmer の Chapter 8. Pragmatic Project を読んだ。内容は次の通り。 41 Pragmatic Teams 42 Ubiquitous Automation 43 Ruthless Testing 44 It’s All Writing 45 Great Expectations 46 Pride and Prejudice Great Expectation 他人の期…

Chapter 7 Before the Project【The Pragmatic Programmer】

The Pragmatic Programmer の Chapter 7. Before the Project を読んだ。内容は次の通り。 36 The Requirements Pit 37 Solving Impossible Puzzles 38 Not Until You’re Ready 39 The Specification Trap 40 Circles and Arrows 2つほど面白い章があったの…

Chapter 6. While You Are Coding【The Pragmatic Programmer】

The Pragmatic Programmer の Chapter6. While You Are Coding を読んだ。 内容は次の通り。 31 Programming by Coincidence 32 Algorithm Speed 33 Refactoring 34 Code That’s Easy to Test 35 Evil Wizards 印象に残る章がいくつかあったので書き残してお…

『サピエンス全史』を読んで

ちょっと前、と言っても数ヶ月は経ったけど『サピエンス全史』を読んだ。 サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福作者: ユヴァル・ノア・ハラリ,柴田裕之出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/09/08メディア: 単行本この商品を含むブログ (42件) を…

Chapter 4. Pragmatic Paranoia【The Pragmatic Programmer】

Pragmatic Programmer の Chapter 4. Pragmatic Paranoia を読んだ。 内容は次の通り。 21 Design by Contract 22 Dead Programs Tell No Lies 23 Assertive Programming 24 When to Use Exceptions 25 How to Balance Resources 契約によるプログラミングと…

Chapter3. The Basic Tools【The Pragmatic Programmer】

Pragmatic Programmer の Chapter 3. The Basic Tools を読んだ。 内容は次の通り。 14 The Power of Plain Text 15 Shell Games 16 Power Editing 17 Source Code Control 18 Debugging 19 Text Manipulation 20 Code Generators この章はツールの紹介とか…

Chapter2. A Pragmatic Approach【The Pragmatic Programmer】

Pragmatic Programmer の Chapter 2. A Pragmatic Approach を読んだ。 内容は次の通り。 7 The Evils of Duplication 8 Orthogonality 9 Reversibility 10 Tracer Bullets 11 Prototypes and Post-it Notes 12 Domain Languages 13 Estimating 曳光弾開発と…

『基礎からしっかり学ぶ C++ の教科書』を読んで

『基礎からしっかり学ぶ C+の教科書』という本を読んだ。 基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応作者: 矢吹太朗,WINGSプロジェクト山田祥寛出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2017/02/16メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 著者の方に贈ってい…

(c) The King's Museum